尼崎で葬儀を執り行うときに選択される形式は4種類

by:

市川葬儀葬儀・葬式

尼崎でお葬式を執り行うときに選ばれている葬儀の形式は、大体4種類です。尼崎の葬儀会社では、直葬、一日葬、家族葬、そして一般葬というのがよく選ばれています。もちろん、この形式お葬儀は尼崎以外の都道府県でも執り行うことができる形式です。直葬は、亡くなった場所から直接火葬場へ運び入れて火葬をしてしまう形式です。

身内だけで火葬を行いますが、火葬する時に僧侶にお経をあげていただくのですが、そのように執り行うお葬式を直葬といいます。直葬は、経済的に葬儀を行う余裕がない方や残された遺族に負担をかけたくない方が生前に選択することも多い葬送方法でもあります。一日葬は、家族葬などとは違って、お通夜を行わずに葬儀、告別式のみを一日で行う形式のことです。ワンデーセレモニーといわれることも場合もあります。

この形式では親族を中心に、故人と親しかった方々でみおくることができます。日数が少ないので、特に高齢の方など、遺族の負担が軽くなるということで選ばれることもあります。最近選ばれることが多くなってきた家族葬は、故人と過ごす最後の時間を大切にしたい、というご遺族によって選ばれることが多いといえます。ごく親しい人だけで行うので参列者などの周囲を気にする必要もさほどなく、ゆっくりと故人とお別れの時間を持つことができるということで選ばれています。

一般葬は参列したことがある、という人が一番多い形式のものです。なので昔から選ばれることが多かったといいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です