尼崎の葬儀の席で居眠りをするメリットとデメリット

by:

浦安葬儀葬儀・葬式

尼崎の葬儀の席で居眠りをすると、疲労回復できる、誰かが揺さぶって起こしてくれる、話題の材料に便利などがメリットです。尼崎の葬儀でお坊さんがお経を唱えていたとします。同じような言葉が延々と繰り返されるのと、葬儀の疲れにより椅子に座っていると眠ってしまうのはよくある話です。ですが、椅子に深く腰かけて上手く睡眠ができると、疲労回復に効果があります。

ただ、前のほうの部分に座ると椅子から落ちてしまうので注意です。眠っている姿は隣の人や家族から見えていた時は、身体を揺さぶるか背中を叩いて起こしてくれます。強く叩いたりすると痛いですが、相手が身体が大きかったり太っている際は、やや強めでも皮下脂肪に覆われているので大丈夫です。上手く起こすことができると、後日に眠っていた人にお礼を言われることがあります。

また、儀式が行われている最中は気持ちが落ち込みがちになりますが、居眠りした人がいれば、そのことを話題に使って雑談が可能です。尼崎内にやってきた親戚の人の中には滅多に出会えない人もいるので会話に詰まりますが、面白い話題が近くにできたことから、仲良く会話をするきっかけに最適です。デメリットはいびきをかいてしまうと、周囲の人にばれたり怒られる場合があることです。沢山の親戚が集まっている最中に居眠りしているので、静かな席が一気に爆笑の渦に変化します。

ただ、眠っていた理由が夜勤によるものだった場合は、笑いではなく逆に褒めてくれると思われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です