尼崎市で葬儀をするなら小さなお葬式?

by:

市川葬儀葬儀・葬式

尼崎市には、テレビでも紹介された葬儀業者なども存在します。葬儀には、大きく分けると通夜式、告別式、火葬式の3つがあります。このうち、一般的にお葬式と呼ばれているのは告別式となるでしょう。会社の重役などのお葬式では、まずは家族などの親しい者だけで告別式を行い、それから数日後にあらためて会社の関係者なども参加した告別式が行われるといったように、2回に分けられることもあります。

テレビで紹介された尼崎市の葬儀業者では、「小さなお葬式」というものが紹介されました。一般的には、通夜式、告別式、火葬式をすべて行うので、平均的な費用は200万円くらいになります。しかし、最近では「小さなお葬式」という葬儀の方法も人気が出てきており、20万円~50万円程度のコストでお葬式が行えることがあります。生活保護を受けている人なら、葬祭扶助制度があるので、費用ゼロでお葬式を行うことができます。

しかし、国の税金が使われているため、平均して200万円という規模のお葬式は行えません。葬祭扶助制度で支給される金額は、20万円程度が限度になるので、「小さなお葬式」を利用することになるでしょう。尼崎市で葬儀をするなら、コストを節約した小規模のお葬式も検討してみましょう。貧困層が拡大しており、死亡した人をそのまま放置しているという事件も起きていますが、かけたお金が故人への気持ちの大きさではないので、身の丈にあった規模でもよいので、行うようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です