尼崎で幼馴染の葬儀に出席するメリットとデメリット

by:

浦安葬儀葬儀・葬式

尼崎で幼馴染の葬儀に出席すると、精進落としの席で子供の頃の話ができる、眠っているような姿を見ると頑張りたくなるなどがメリットです。尼崎の葬儀の最後に精進落としがありますが、その時に一緒に遊んだ時のことを周囲に話せば、熱心に話を聞いてくれます。色々なイタズラをしたこと、テストで悪い点をとった話をすれば、悲しい席を楽しい場所に変化させることが可能です。葬儀が終了後も悲しい気持ちを抱き続けると、今後の生活に支障をきたすことがあります。

ですが、精進落としの席で大笑いすれば、悲しい気持ちが薄れる効果が期待できます。また、尼崎で一緒に行動したことがある幼馴染の眠るような姿は、いつまでも記憶に残るはずです。その姿を見ると自然と涙が出てきますが、泣いても誰も文句を言わないため、精一杯泣くといいです。涙が出るのを我慢していると身体に良くないので、泣きたい時は涸れるくらい出しておくと気分がスッキリします。

デメリットは告別式のスピーチを頼まれることがある、子供の時の愛称で呼ばれてしまうなどです。告別式の際のスピーチを頼まれた時は、急な申し出なため、すぐには対応できない場合がほとんどです。言うべき言葉が見つからない時は、幼馴染と初めて出会った時のエピソードを紹介すると楽です。おそらくですが、頭の中に言うべき言葉が次々と浮かんでくるので、参加者達が感動する結果に結びつきます。

また、遺族から子供の時の愛称で呼ばれるのは仕方がない面もあるので、我慢したほうが無難です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です