知っておきたい葬儀の料金

by:

浦安葬儀葬儀 浦安

一昔前まで、お葬式にかかる費用を安くしようだとか、まけてもらおうなどと考えるのは良くないという風潮がありました。亡くなった人に失礼だという考えもありました。しかし不景気でデフレが進み、お葬式自体をしない人が多くなり、安心して死ねないという言葉が冗談ではなくなってきた昨今、こういった声を受けて葬儀の料金を明確に打ち出している葬祭会社が増えてきました。新聞の折り込みチラシや、街の立て看板にも金額を明記している業者が増えています。

お葬式をしない人は増えていますが、それでもお葬式自体が全く消えたわけではありません。料金を明確に打ち出す業者へ流れているのです。そういった業者はホームページもあり、実際の葬儀と同じ祭壇や会場を使っての見学会も頻繁に行われています。老後の資金に不安を抱く世相やニュースもこういった流れを後押ししているようです。

また、終活と言って、自分の人生の終わりを自分で決めておく活動が流行していることも一因のようです。元気な内に自分の葬儀について決めておき、遺影の写真を撮影し、料金まで払っておくという人もいるのです。用意をしておけば、いざという時は安心です。身内が亡くなってからお葬式は何処でしよう、お金をどうしよう、と慌てる時代はもう終わりました。

葬儀の料金は予め調べておき、用意しておくことが当たり前になりつつあるのです。葬祭場の互助会に入って積立をしておく、コースを予約しておいてお金を別けておく、遺影も用意しておくことが常識になりつつあるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です