葬儀の料金も明瞭でリーズナブルになって来ました

by:

市川市川 葬儀葬儀

葬儀に掛かる費用は昔から高いものだと言われてきました。参列者や仕上げの食事を摂る人数にもよりますが、一般的に中の上程度の祭壇を選び、それにバランスの取れた必要なもの一式で執り行えば、業者さんに支払う料金は200万円余となり、お寺さんへのお布施を合わせると、250万円近く掛かる場合も多かったものです。それ以上に、かつては葬儀に掛かる費用は不明朗だと言う印象もありました。しかし、最近では各種の料金は明細も明瞭で、その価格も比較的リーズナブルになって来たようです。

これは、業界あげて不明朗だと言う不評を払拭すべく、大手を中心に努力されて来た結果だと思われます。また業者さんに支払う費用を抑えるためには、積み立て会員になれば同じ格の葬儀を割安の料金で営む事が可能で、これも1つの知恵と言えます。これは、競争が激しくなる中、業者さんが顧客の囲い込みのために行っているものですが、3親等まで利用する事が可能な所が多く、お寺さんへのお布施などは当然別途必要ですが、一度に大金を必要とする事を軽減することができます。また、派手な葬儀ではなく、質素でもしんみりと故人を偲びつつ送りたいと家族葬を選択される人も増えており、こちらは更に低料金で営む事が可能です。

葬儀を営む事は、あくまでも故人を偲び、故人を送る儀式であり、華美にする事よりも、故人を送る遺族の真心こそが大切です。儀式を通して遺族の心の区切りを付ける意味もあり、簡素であっても真心込めて故人を送りたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です