葬儀に掛かる料金の相場と内訳

by:

浦安浦安 葬儀葬儀

葬儀に掛かる料金の総額は、種類や内容によって大きく異なります。豪華に執り行う場合はキリがありませんが、一般的なものであれば100万円から200万円、身内だけで済ませる家族葬のようなものであれば50万円から100万円程度、火葬式のような質素なものであれば30万円から40万円で済むセットも存在しています。内訳も業者によって異なるほか、寺院手配料や戒名代など、寺院に関する料金は含まれなことが多いため、確認する必要があります。葬儀の内訳詳細は、葬儀場に支払うものとして、式場や控え室の使用料のほか、飲食接待費、身内の食事代、控え室での飲食代、霊柩車やマイクロバス、枕飾り、安置料、ドライアイス代、式場での祭壇や祭壇に飾る供物や供花代金、お棺の代金、遺影代、骨壷、火葬代などです。

また、香典返しや四十九日法要まで家に飾る祭壇代なども必要になるほか、家の中に祭壇をセッティングする際には仏壇またはそれに準ずる物も必要になるため、場合によっては仏具一式も購入する必要があります。これらとは別に寺院へ支払うものに、通夜や葬儀、初七日法要での読経代、お布施、戒名代などがあります。葬儀場のものは、ほとんどがランク付けされているため、選択するものによって料金が異なります。このため、不要なものを削ったり、ランクの低いものを選択することで総額を抑えることができます。

事前に業者の会員となって会費を払っている場合は、支払い済みの料金の分だけ安くなります。寺院に支払うものについては、読経の人数や戒名の文字数などで料金の調整が可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です