残されたものに料金負担を掛けないための葬儀のために

by:

浦安葬儀葬儀 浦安

近頃では家族葬や友人葬など、葬儀に関してもスマートな方式が増えています。かなり認知されていますが、それでもまだまだ地方に行けばそういったスマートな葬儀は、他者から受け入れられにくいものです。全く考えてもいなかった方向から反対を受けたり、非難されたりといったことがありえるものです。こういった時には普段には行き気がないような親戚縁者が口を出してくることもあります。

また世間体を引き合いに出されることもあるでしょう。なによりもスマートな葬儀は料金的にかなりリーズナブルですので、料金が理由で選択したのだろうとばかりに注目されてしまうこともあります。しかし今現在小さなお葬式を望む人は、そのように料金面ばかりが理由ではありません。派手ではなく、本当にお別れをしのんでくれる人だけで、ひそやかに葬儀を行いたいという気持ちからということが大多数です。

しかし他者からの反対にあって、それができないことも少なくありません。もし遺族に対して料金的な負担を掛けたくないと考え」、なおかつ小さなお葬式を望むのであれば、生前からその意思を周囲にも明らかにし、葬儀会社にも依頼しておくと、遺族の意志ではなく本人の意志であったということがわかります。そこまで準備しておけば、遺族が矢面に立たされて非難されることも回避できるでしょう。そういった理由から、生前契約などが増えています。

ただし信頼できる業者でなければ、いざとなった時に契約が遂行できないということになりかねません。業者選びは重要なポイントとなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です