自然葬が多くの人に受け入れられている訳

by:

浦安葬儀葬儀・葬式

自然葬とは遺灰を海や山に散骨したり、遺骨を樹木の下に埋葬するなど自然の中から生まれてきた人間の魂を自然の循環の中に戻すという考えで行う人も多いようです。大きく分けると自然葬は、海や山などに散骨する方法や樹木の下に遺骨を埋葬する樹木葬などに分ける事ができます。散骨してしまえば手元には何も残らないので、本当の意味の自然葬になってしまいますが、最近では本人の希望が散骨する事であっても、家族が身近な所で供養したい場合は、ごく少量の遺灰を手元で供養するという方法をとる場合もあるようです。散骨する場合は細かく(粉末状)して、近隣住民の迷惑にならないように行う必要があります。

海へ散骨する海洋葬の場合では、船に乗って陸から一定距離以上離れた海上で行う必要がありますから専門の会社にお願いするのが良いでしょう。樹木葬の場合は、遺骨を土の中に埋葬するので墓地として許可された樹木葬専用の霊園や、一般墓地内に樹木葬専用の区画を設けたところ、墓地として認可してもらったお寺の裏山などになります。最近では樹木葬でも、故人の名前や戒名などをプレートに刻印できるなど多様化していて、個人のさまざまな希望が受け入れられる埋葬方となってきました。核家族化、高齢化、少子化などによってお墓の維持が出来なくなる事が予測できる人にとっては、自然葬の方法によっては永代供養してもらえる埋葬法という大きな意味合いも持つようになってきました。

また、仏教やキリスト教などの特定の宗教を信仰しなかった人にも受け入れやすい埋葬法と言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です