新たな葬儀の形である自然葬

by:

市川葬儀葬儀・葬式

普通人が亡くなったら、ご遺体は葬儀の後火葬され、お墓の中へ納められます。それに対し、お墓の下ではなくて、遺骨を海や山などに散骨し、故人が自然に帰れるようにという弔いを行うことを自然葬と言います。10年以上前から話題に上るようになってきていて、今は小規模ながら葬儀の一スタイルとして認識を得られている状態です。人は死んだらどうなるのだろうということをいささかの恐怖とともに考えたことのある人はたくさんいるかとは思いますが、その時、まずこの世を支えている大自然に還りたい、思い浮かべた時、安らかさをくれる安心の拠り所である大自然、と思う感情は不思議なことではありません。

この自然葬というものを行うにはどうしたらよいのでしょうか。まずは、このスタイルの埋葬を取り扱ってくれる葬儀会社を見つけることです。亡くなったご遺体を個人的に散骨しようなどとすると、もしかするとその過程のどこかで遺体損壊などの法律に引っ掛かってしまう恐れもあります。また、散骨していい場所というのも、実はここしかダメであるといかいうことが決められているものです。

きちんとプロの業者さんに任せましょう。普通は、通常の場合と同じように遺体を火葬したあと、お骨を粉状にしてもらって、それを骨壺におさめ散骨の場へ持って行くのです。この時、初七日や49日はきちんと済ませていないとやはり良くないでしょうから、この過程もきっちりやってもらってからの方がいいでしょう。このステップの後に散骨となるのです。

従って、自ずと普通の葬儀屋さんであって、かつ自然葬を扱っているところに請け負ってもらうのが一番ベストな方法となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です