多様な自然葬、あなたはどうしますか

by:

浦安葬儀葬儀・葬式

亡くなった恋人の骨を思い出の場所である海に撒く、ドラマでよくあるシーンです。これは自然葬と言われるものの一つで、海洋葬と言います。近年、都市部では墓地が足りない上に高額であることや、従来の家制度の形である家の墓に入るのを拒否するなど、墓地を巡る環境はめまぐるしく変わっています。自然葬を希望される方は年々増え、専門の業者やサポートする団体も全国にあるようです。

遺灰を海に撒く海洋葬、墓石の代わりに樹を植える樹木葬など、ひと口に自然葬といっても様々です。ご自宅の庭に遺灰を撒かれる方もいらっしゃいます。死後を巡る考えは現在多様化しており、従来の枠組みだけでは推し量れないものとなっています。死んだ後は好きな場所をお墓にしたい、そんな考えから自然葬は好まれているようです。

しかし、例えば若い頃に旅をした外国の海に遺骨を撒いて欲しいと言われても、遺族の方も大変です。わざわざそこまで出向く必要があるからです。その場合には専門の業者がありますので、依頼することをお勧めします。葬儀費用とは別に掛かりますので、生前にきちんと用意をしておきましょう。

また、専用の霊園もあります。区画の中に散骨をしたり、骨を埋めるのです。この場合、墓地の様に骨壷で入れるわけではなく、土を少し掘って遺灰を撒いたり、埋めますので、骨壷の様に霊園を移すということが出来なくなります。希望される前に、よく考えて下さい。

多様である上に、まだまだ認知度が浅い自然葬です。あなたは自分の死後をどうしますか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です