銀行でお金を借りるメリットとは

キャッシングやカードローンを銀行で利用するのは、敷居が高すぎる。このように感じてる方もいらっしゃるかもしれません。確かに、銀行は貸金業者と比べて知名度も信頼性も高いですし、その点からいえば敷居が高いと感じるのも無理はありません。しかし、銀行を利用することのメリットを知らずに利用を避けているとしたら、それはとてももったないことです。

例えば、消費者金融に比べて金利が安いという点は、お金を借りる人にとって無視できないメリットです。特に高額融資になる場合や借り入れ期間が長くなるときは、金利の大きさが返済負担を左右するようになります。早い話、金利が大きいと返済が苦しくなり、金利が小さいと返済負担が軽くなるわけですが、同じレベルの金額なら、消費者金融で借りるよりも銀行で借りたほうが、金利が安い分返済はしやすくなります。またそれに加えて、総量規制の対象から外されていることも大きなメリットです。

総量規制といえば、改正貸金業法の目玉になっている規制のことですが、この規制の対象になるところでは、利用者の年収の3分の1までしか融資してはならないことになっているのです。これは借り手にとっては大きなデメリットですが、しかし規制の対象になるのは消費者金融などのノンバンクだけであって、銀行はこの対象にならないのです。したがって、年収の3分の1以上になっても借りることができます。金利が安いこと、総量規制の対象から外れること、この二つだけをとっても、かなり有利な借入ができることになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です