ネット銀行もおすすめです

銀行になにを求めるかは人それぞれでしょう。使い方は様々ですが、まずは預金でしょうか。日本では法律で預金は保護されていますから簡単には失われたりすることはありませんから、安全性よりまず金利のいいところに預金するのが重要でしょうか。そう考えるとこれはどこの銀行でもよく本支店が近くに無くても構わないかもしれません。

同じように給与の受け取りや様々な支払いに使うのが目的だった場合にもATMが利用できれば、有人の店舗が近所になくても問題ないといえるでしょう。この様な使い方ならネット銀行も有力な選択肢となります。店舗が少ないと言うことは、銀行員が少ないと言うことで人件費の節約につながり、その分をATMや振込みの手数料を安く設定しているところが多く、振込みやATMの時間外の利用の多い人にはとても有利になると言えるでしょう。また定期預金も高金利のところが多いです。

そうはいっても最近の低金利では大きな差とはなりませんが、それでも重要なことと言えるでしょう。ただし融資に関しては地元の信用金庫などの方が親身になって相談してくれるメリットがあります。特にそれ程大きな金額でない融資ではそうです。しかし大きな住宅ローンとなればまた別です。

住宅ローンは銀行による差が少ないといるでしょう。特に安定した収入のあるサラリーマンの場合どこでもあまり差が無い審査結果となるでしょう。この様に昔からの付き合い重視の関係は育ちませんが、シンプルでお得な感じです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です