売掛債権で資金調達できるファクタリング

ファクタリングとは企業が有する売掛債権を第三者であるファクタリング業者が買い取るサービスのことです。14世紀後半にイギリスで生まれた後、19世紀末から20世紀初頭にアメリカで発展していきました。今では世界各国で利用されています。日本では1970年代において、大手金融機関や大企業の子会社として設立されたケースが多いです。

商品の納品やサービスの提供が完了して売掛金が発生します。請求済みであるのに支払サイトの都合により支払いが行われてなく、今すぐ資金調達が必要な場合には売掛先企業とファクタリング業者とのファクタリング契約・承諾をします。業者へ請求金額を通知し、業者と売掛先企業との請求金額の確認をします。業者から早期売掛金の支払いを受け、売掛先企業から業者に期日までに売掛金が支払われる仕組みです。

金融機関に融資を断られた場合や、銀行や取引先にわからないように資金を調達したい場合にはファクタリングを検討すべきでしょう。また、売掛け相手の支払いサイトが長くて資金繰りに悩んでいる場合にも検討をおすすめします。メリットは、売掛金を早く資金化できること、売掛債権の譲渡なので借り入れではないこと、売掛先の企業が倒産しても支払いリスクが生じないことです。デメリットは、手数料・割引料が必要になってしまうことです。

かかる費用は業者によって異なります。また、業者によっては債権譲渡登記が必要になるケースがあるので事前に確認しておく必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です