ファクタリング会社の比較ポイント

現在、ファクタリングサービスを扱う事業者は数多くありますが、どのサービス選定の際はまず二社間か三社間のどちらを利用するか決めましょう。二社間ファクタリングは、自社とファクタリング会社のみで完結する取引で、手数料は三社間よりも高いものの取引先への通知が不要なのでスピーディな資金調達が可能です。一方の三社間ファクタリングは、自社・売掛先・ファクタリング会社の三社で行う取引で、資金調達までのスピードは二社間に劣りますが手数料が安いというメリットがあります。二社間と三社間のどちらを利用するか決定したら、各社の手数料を比較しましょう。

一般的にファクタリングの手数料は二社間では10~30%、三社間では1~9%ほどかりますが、手数料は売掛先の信用度や売掛債権の金額などによって変動します。そのため、複数社から見積もりをとって比較することが大切です。また、ファクタリングを利用する際は早急な資金調達の必要性に迫られているケースも多いですが、そのような場合は入金までのスピードも比較しておくことが大切です。入金までのスピードを重視するのであれば二社間取引がおすすめで、即日での入金に対応しているファクタリング会社を選ぶと良いでしょう。

買取可能金額も重要な選定ポイントのひとつです。ファクタリング会社では買取の上限額や下限額を設定しており、数万円ほどの少額の買取に対応しているサービスもあれば、数億円もの高額の買取に対応したサービスもあるので、取引に使用したい売掛債権の買取に対応してくれるファクタリング会社を選定しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です