ファクタリングを効果的に利用するには

ファクタリングは売掛金を早期に回収するための非常に効果的な方法として広く普及し始めています。日本では古くから先に商品を相手に渡し現金を後で振り込むと言う後払いの上習慣がありますが、この期間は経理上は売り上げが成立しているにもかかわらず現金が手元にないと言う二重管理の状態が発生することになります。そのためこの期間内に現金の支払い等が発生した場合には企業内の現金が不足する恐れがあり、経営状態を大きく圧迫することになりかねません。ファクタリングはこの状態を解消し企業の経営状態を改善すると言う効果を持っています。

ただし、ファクタリングは本来入金されるべき時期を先取りして現金を入手する手法のため、企業の資金計画においては大きな問題をもたらす危険性もあります。支払いの計画に対してその時期に現金が入金されないと言うトラブルを招く危険性もあるため、その入金の管理については十分に注意して行うことが大切です。特に組織が大きい場合には実際の現金の管理と帳簿上の管理が独立していることも多いため、支払い時にトラブルを招くと言うことも少なくありません。また、ファクタリングを行う際には業者に対して手数料を支払うことになるため、実際の現金が減ってしまうことも考慮に入れることが必要です。

帳簿上は損金として扱うことが可能ですが、一切の現金の金額は少なくなってしまうため、管理についてもしっかりと確立に行うことが重要です。ファクタリング会社の比較のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です