ファクタリングの特徴

ファクタリングは、借入をせずに借入金などの債権を譲渡して早期に資金調達することですが、近年、経営者の間でも当たり前のように利用する機会が増えているようです。売掛金は現金にするまで数か月かかる場合がありますが、ファクタリングなら最短で一日や二日で資金調達することもできるのです。借入金として帳簿にはのらないので銀行などにもファクタリングを利用したことがわかりづらいので資金繰りに困っていても感づかれないで済みます。売掛金は、自社がもらえるはずの債権ですが、万が一、貸し倒れという恐れもあるのでファクタリングを導入する場合は、業者の審査があり手数料も支払わなければなりません。

突発的に急に資金が必要になったときには便利です。ファクタリングには、契約する種類も二社間と三社間があり、二者間であれば取引先に連絡することもないので、取引先に知られず資金調達できるので信用を落とすこともないのです。二者間の方が三社間に比べて手数料は高くなります。又、売掛金の他、診療報酬、介護報酬などの債権でも契約することができます。

診療報酬や介護報酬は健保組合などに請求してから審査して現金が振り込まれるまで二か月から三か月のタイムラグがあり、その間の収入は0になってしまうので、その資金繰りを補うために医療機関は便利に利用しています。診療報酬などは、いずれは必ず収入となる債権なので、審査もゆるく新規に開業した医療機関でも利用することが簡単にできるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です