資金調達方法、ファクタリングを比較

法人企業などで資金調達に困った時は、いくつかの方法で資金難を解消することが可能です。最も認知度の高い方法だと、金融機関を利用してお金を借りることだと言えます。金融機関には金利は低いが審査の厳しい銀行系と金利は高いが審査が緩い消費者金融系があります。銀行を利用する方が金利が低いので得ですが、利用者側の信用度次第では利用できないことがあります。

認知度は低いが利用しやすい資金調達方法に、ファクタリングサービスと呼ばれるものがあります。このサービスは売掛金の債権を専門業者に買い取ってもらい、その代わりにお金を受け取るというものです。売掛金は取引先が代金支払いが遅れることによって発生します。指定の期日に代金が支払われるので、売掛金には資産価値が存在します。

売掛金がある時にファクタリングを利用できます。ファクタリングは融資でも借入でも無く、債権を買い取ってもらうサービスです。手数料が発生する代わりに、金融機関よりも利用しやすいのが特徴です。売掛金の買取価格は利用者や取引先の信用度で変動します。

一般的な買取相場は売掛金の90%前後で、差額は業者側の手数料となります。金融機関と比較した場合、初めてファクタリングサービスを利用する時は不利だと言えます。ただし、何度も利用して信用してもらうか、取引先が信用度の高い会社だと手数料が低くなります。早く資金調達できるというメリットもあるので、都合悪く金融機関を利用できない時には選択肢として候補に挙がります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です