ファクタリングとはどのような場合に使うべきか

ファクタリングとは、売掛債権の現金化のサービスになります。これはどのようなことかというと納品をしたりサービスの提供をして検収はされているが、まだお金を請求できないものになります。基本的には、納品後の一か月後には資金回収できる場合が多いですが、業種によってはこの資金回収ができる期間が非常に長いものも存在します。このような場合にこのファクタリングのサービスが有用になってきます。

銀行の融資などでも事業資金は引き出すことは可能ですが、このファクタリングは何点かの点でメリットがあります。まず、スピードが速いことが上げられます。銀行からの融資に関しては、当然のことながら経営状態などを見られてしまうので審査などが入ってくることがあります。それに比べるとこのサービスは売掛債権に対して資金提供をすることになりますので、現在の会社の経営状態などを見られることはありません。

あくまでもこの売掛債権についてだけ見られることになります。次のメリットとしては、これが貸借対照表に借金として記述されないことも上げられます。つまり、銀行から別の融資を受けながらこのファクタリングのサービスを受けることが可能であることが上げられます。このように使い勝手は非常にいいサービスですが手数料もそれなりには発生します。

ただ、資金回収まで常に時間がかかるサービスであればこのサービスを使いリスクを減らして貸借対照表を綺麗にしておくのも一つの手法になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です